about

 

 

普段通りの毎日を、自然に生まれるドラマを記録したい。

家族といる時間、昨日より若い自分、産まれる前の君とお母さん。

どんな日々も今しかない、かけがえのない時間です。

パパ、ママ、みなさんがとびっきり素敵な写真を取る時代なので

カメラマンの仕事は必要ないかな、んて思うこともありますが

家族のドラマはどうかパパ、ママ、誰一人かけることなく

家族皆さんを残させてください!

何年か後にそれがとても愛おしい時間として蘇ってくることと思います。

「3歳の娘と一緒にいた時僕はこんな表情してたんだな、痩せてたな!」 

「ママ若かったね。笑。」「ここのアパート懐かしいね。」

そんな会話が10年後、20年後に繰り返されること。それこそが出張写真の産物だと思っています。

ドラマチックは作り上げるものではなく、そこにあるもの。

着飾ったスタジオ撮影では残せない瞬間が日々過ぎていきます。

僕は、ただ大切なその瞬間をできる限り鮮明に自然に切り取ることができるように全力でファインダーを覗き込んでいます。

首都圏近郊、または日本全国、呼ばれたらどこへでも向かいます。

お気軽にお声がけください!

From Setagaya,Tokyo


 撮影する人

近藤 信也

 

1979年 愛媛県生まれ

写真学校卒業後、都内スタジオカメラマンを経て2010年に独立。

2014年、出張撮影 Floating Mountain写真館 を設立。

近藤信也名義では雑誌等で人物を中心に活動中。

学生時代より大判フィルムカメラによる写真制作も続けています。

趣味はレコード、本。

一男一女の父。

子どもと公園で遊ぶのが何より楽しい、穏やか〜なカメラマンです。

http://www.shinyakondo.com