ステイホームからこんにちは!

2020年3月、突如卒業式が中止になったり、学校が休みになったり慌ただしく日常のかたちが変化する中、消費も落ち込む、気分も落ち込む、でも桜は咲く、そんな日々に写真屋に何かできることはないと思って急遽始めた『さよなら3月3000円プラン』。

語呂合わせ的に決定した金額のプランは写真で少しでも元気になって!という気持ちで特に深く考えず反射的に始めました。

桜も散って4月。

お祝い事が多い撮影の仕事はすべてがキャンセル。そうか、外出自粛。ソーシャルディスタンス。家族が揃う。予定はガラ空き。ということは写真撮ろう。

ということで『さよなら3月3000円プラン』を『STAY HOMEでこんにちは、キープディスタンスで3000円プラン』と、変更してこれまた感覚的に始めました。

自宅前、周辺での撮影。

こういった状況ですが、出会えたひとは皆、穏やかで。

良い出会い良い撮影をさせてもらってるなと思います。

 

『Stay Homeも、いつか必ず思い出になる。』

 

2020年の少し変わった思い出。

東京も早ければ来週には自粛解除になるとかならないとか。

Stay Homeの思い出もあと少し、ということになるのでしょうか。

早く距離をとらずに撮影できる日が来ることを願っています。

 

 

・望遠レンズで撮影。3メートル以内近寄らないようにします。
・都内交通費含めて3000円で伺います。
・ロビーなど室内での撮影はできません。
・撮影は15分以内で終われるようにと思っています。
・データでのお渡しとなります。
・接触しないことが第一なので撮影料は後日振り込みをお願いします。
 (振り込み期限ありません。まったく気楽に銀行などに行ける毎日になったらでokです。
  または、またいつか会えた時に!)

2020-05-16 | Posted in blogComments Closed 

 

『STAY HOMEでこんにちは、キープディスタンスで3000円プラン』

みなさまいかがお過ごしですか?
写真は昨年の桜です。

今、少し前には想像できなかった世界を生きています。


悲しいニュースが世界を包んでも、日々の暮らしは続いていきます。


最前線で戦っている方々、家にいろと言われてもそうはいかず出勤を続けているみなさん。
ストレスの限界を迎えながらもステイホームを続ける子ども、親御さん、全ての方に心から敬意を。

満開の桜を眺める頃はまだ外に出られたので、さよなら3月3000円プランでお声がけいただき
卒業、家族写真と、撮影をさせていただきました。
実は我が家、東京の桜は今年が最後。今年マウンテン写真館は新しい出発をします。
(新しい出発については状況が状況なのでいつお知らせできるか、そしていつ出発できるのか自分たちも絶賛混乱中です…。)
息が詰まる日々の中で、真っ白な桜と笑顔のコントラストが眩しくて忘れられない撮影になりました。本当にありがとうございました。


外出自粛となり、カメラマンとしてのほとんどの仕事がキャンセルになり
これからの世界で果たしてカメラマンで生きていけるのか。
真面目に考えなくてはいけないことは山住みですが、今すぐに自分たちにできることは撮影しかないわけで。

STAY HOME 。世界中で戦っている人がいる、辛い状況の中の自宅待機ですが、逆に
家族が揃ってる確率が普段よりは少し高いんですね。

『写真にできること』
いつも考えていますが、やっぱり記憶の手助けくらいです。

と、いうことで「さよなら3月3000円プラン」は、
『STAY HOMEでこんにちは、キープディスタンスで3000円プラン』として、少しかたちを変えて継続することにしました。
お家(ご自宅)の前限定で、家族写真撮影します。
もちろん店舗さんでも、おひとりでも。

望遠レンズで撮影しますので3メートル以内近寄りません。
より客観的に今のご家族の姿を撮影できるんじゃないかと思ったりします。


都内交通費含めて3000円で伺います。
接触しないことが第一なので撮影料は後日振り込みをお願いします。
振り込み期限ありません。まったく気楽に銀行などに行ける毎日になったらでokです。または、またいつか会えた時に!
お家の前など、目の届く範囲に車を駐車させてただけることが条件になります。
もちろんご近所は徒歩、自転車で伺います!

ロビーなど室内での撮影はできません。
撮影は15分以内で終われるようにと思っています。
データでのお渡しとなります。


世田谷マウンテンでの最後のイベントになるかと思います。出張写真館をはじめて4年。感謝の気持ちを込めて。

少しでも笑顔が増えますように。
2020-04-14 | Posted in blogComments Closed 

 

『3月さよなら3000円プラン!』で!

卒園式、卒業式が短縮になったり中止になったりとスッキリしない想いをされている方、

友人、ご家族で、想い出の場所で写真撮影しませんか?
公園やお家など馴染みの場所で遊んだり雑談する姿を自然に撮影したり
みんな集まれー!で集合写真を撮影したり。時間内であればスナップでも記念撮影でも。
(学校施設等の場合は撮影許可をご確認お願いします。)
卒業、進級などこの春一区切りを迎えたのにモヤっとしてしまった方へ、
1時間の撮影3000円(税込)にて承ります!
『3月さよなら3000円プランで!』とお申し付けください。
お電話、メール、DMどちらでも大丈夫です。
実は婚礼等のキャンセルもあり、土日も若干ですが空きありマス!
消費が冷え込みまくる今、少しでもホットに過ごせたらと思うので
特に『卒業です』などの確認は不要です!
私(マウンテン妻)は、9年前、受け持った3年B組の卒業式が中止となり生徒たちと突然のお別れとなりました。
激励の言葉もかけてあげられず、抱き合う生徒たちを眺めることもできずに社会へ飛び出させてしまった後悔、突然ぽっかり空いた穴は未だに消えません。みんなの笑い合う顔が見たかった。
みんな頑張って数年間を乗り越えたお祝いの日。
親も子も、先生にとっても一区切りは大切なことなんです。
ぜひ、大切な日々の締めくくを撮影させてください!
※カメラマン近藤は万全の体調の元、マスク着用でお伺いします。
万が一発熱等あればあらかじめお知らせした上キャンセルとなりますのでご了承ください。
2020-03-13 | Posted in blogComments Closed 

 

10枚の家族写真

2020。新年、明けましておめでとうございます。
久しぶりのBLOGになってしまいました。。

 

出張写真館を始めるきっかけになったことについて。
それは何年も前から撮らせてもらっている先輩家族の撮影でした。
先輩夫妻に神々しい赤ちゃんが生まれて二人は親になり、その赤ちゃんはちょっと大きな赤ちゃんになり、泣いたり笑ったり子どもらしくなってお腹の大きなお母さんと、また赤ちゃんが来て。家族のかたちがどんどん変化していく。
.
これを納めないわけにはいかない。
当時子どものいない私たちでしたがこの変化する家族のかたちを見て、
その日々の変化はあまりに尊く、また想像より早いスピードで成長していく子をみて、そう強く思いました。
.
価値観が目まぐるしく変化し、モノの価値が時代に消費されていく中で変わらない眼差し、確実にそこにある息遣い。
.
過ぎ去ってしまう時間の中でどうしても残したい、伝えたいものがあります。
.
毎年撮影させてもらって全部で10枚の家族写真が完成しました。
.
数冊になった台紙写真を手にした時、成長の喜び、せつなさ、蘇る記憶には楽しいものやそうでないものもあるかもしれません。どんな感情が沸き起こるかはそれぞれです。
でもこのずっしりとした数冊は
『かけがえのない時間』『こういう時間を過ごしてきたという証』
として存在し続けてくれることと思います。
.
こんな幸せな仕事はない、と思っています。
できれば毎年写真を撮らせてください。
.
それが私たちの願いです。
2020-01-03 | Posted in blogComments Closed 

 

開けてびっくり玉手箱!

ーーー届いた日から、一生の宝物になるように。ーーー

新プラン登場です。

 

現像から上がってくるワクワク感は今はもうあまり体現できないけれど、まだ見ぬ写真が手元に届いたときの気持ちはきっとそれと同じワクワクなはず。
どんな写真がでてくるか、外箱を開いて、ゆっくり台紙をみるときの気持ちを丁寧に考えて、箱の形状、仕様、質感すべてにこだわってつくりました。

時間が経つほどに愛おしく、記憶を蘇らせてくれることを願って。
何年も宝物であり続けるプロダクトを届けたい。台紙、USB、どちらもしっかりと箱におさまる玉手箱仕様です。

☆箱: 今ではめずらしい角留め箱。限られた職人さんが丁寧に作ったこの箱はシンプルで暖かく、しっかりと台紙を収めます。箱から台紙を引き出し易くするために、革の引手をつけています。
☆USBメモリ: 木製のUSBメモリは専用のレザーケースに入れて、革の引き手に通して箱に収納されています。
☆台紙: 色、手触り、厚みにこだわって一から手作りしています。
飾りやすい六つ切サイズ。
お名前と撮影日をお入れします。
台紙写真って、写真館などで撮影してもらったときでないとなかなか手にする機会がないものです。成人式や、結婚式の台紙写真、何処かにしまってあるわっ〜て方も多いと思います。
あの時撮影してもらったね〜〜、という時間の記憶と一緒にたまに開く楽しみもいいなと思いますがマウンテン写真館ではお部屋に飾ってもらうことを考えて、どんなお部屋にも馴染むようにシンプルだけどしっかりとした台紙に仕上げました。
質感の良い布張りにマウンテン写真館のロゴを空押ししています。
中窓もしっかりと厚みがあり額装のように写真を引き立てます。
いろんなおうちで開いて飾っていただけることを願って☆

2019-10-05 | Posted in blogComments Closed 

 

「DARUMA DAISHI撮影会」終了!

「DARUMA DAISHI撮影会」Vol.2終了しました。

学園祭が終わったような寂しさです!参加してくださった皆さま、一樹会の皆さま、イベント初参加にあたり色々と教えてくれた友人たち、ありがとうございました。

当日は朝からあいにくの雨。昼前には上がりましたが湿度90%超え。展示していた紙のものはグニャリと曲がってしまうほど。(DARUMA DAISHIは大丈夫でしたよ!皆さまご安心を。)

そんな中、深大寺では鬼灯祭りが開催されていてかなりの人で賑わっていました。(東京のほおづきって大きんですね、大人の拳くらいの大きさで驚きました。)手作り市会場も午後にはかなり活気づき写真館も悪天候の中予想よりも来ていただけて嬉しい次第でした。

 

スタジオを持たない出張写真館。普段はほとんどが口コミでご依頼をいただきますが今回は全く写真館を知らない方と出会うことができる貴重な機会となりました。

マウンテン写真館は「飾らない毎日を残したい。」という想いで活動しています。飾り気のない、言ってしまえば地味な写真がイベント撮影会で出会った方々に受け入れてもらえるか不安もあります。これから心を込めて台紙写真へと仕上げます。お手元に届いたときに少しでも参加してよかったと思っていただけたら嬉しいなと思っています。

そして手作り市、楽しかったです。食べ物や小物、植物など色んな出店がありましたが年代も様々な出店者さんとの交流も楽しく、何より自分の手で作り上げた人たちに共通するものづくりへの愛情のようなものにあふれていて心地よい空間でした。

また秋以降にどこかでイベント出店してみたいなと思っています。

それから、だるま台紙ですが、こちらがなかなかご好評をいただいているのでもしかするとまた登場するかも!

縁起物台紙で定番化しようなかななんて思ったりもしています。えへへ。

2019-07-18 | Posted in blogComments Closed 

 

「DARUMA DAISHI」撮影会 in 深大寺手作り市 Vol.2

なんでもない日の記念撮影。
「DARUMA DAISHI」撮影会 in 深大寺手作り市 Vol.2
7月も深大寺の手作り市で出張撮影会が決まりました!
6月の撮影会にご参加いただいた皆さま、本当にありがとうございました。
いろんな人に支えられて続けてこられたマウンテン写真館。それを実感できる素晴らしい機会でした。
また新たな出会いもあり嬉しい限りの一日となりました。
写真は特製の台紙の仕上げもあと少し。早く皆さまの元へお届けしたいです。
撮影会の様子もまだアップできていない状況ですが…引き続き突っ走ります!
なんと今回は深大寺の鬼灯祭りと同時開催!毎年多くの人で賑わうそうです。
これは楽しそう!
8月、9月はイベント出店できない見通しなのでご興味のある方はこの機会にぜひご参加ください。
※前回は少しお待たせしてしまう方もいらっしゃったので、お昼過ぎ(12時から14時半くらい)にご来場予定の方はご予約を入れていただくとスムーズかと思います。
日時:2019年7月14日(日) 15日(月・祝)
   9:00~16:00(最終受付15:40) ※小雨決行・荒天中止
場所:調布市深大寺(深沙の杜 ※小田急バス 深大寺停留所 目の前)
料金:2500円
  (撮影料+六切り台紙仕上げ[21×26cm]+データ.送料込み)*前払い制、送料別途500円
<受付について>
フローティングマウンテンのテントにお越しください。
1組20分ごとの先着予約順となります。
お受付後、深沙堂横の小道にご案内、撮影。(当日の混雑状況などにより場所は変更する場合があります。)
<ご予約>
各時、00分、20分、40分の開始時間です。ご希望の開始時間をお知らせ下さい。

申し込みはこちら

出張写真館Floating Mountain

↑こちらのコンタクトフォーム備考欄に深大寺撮影会と明記の上ご送信してください。

お問い合わせ
TEL.050-5307-8195(近藤)
E-Mail.info@floating-mt.com

2019-06-27 | Posted in blogComments Closed 

 

「DARUMA DAISHI」撮影会 in 深大寺手作り市

深大寺で記念撮影
「DARUMA DAISHI」撮影会 in 深大寺手作り市

深大寺の手作り市で出張撮影会をします。
新緑の季節、深大寺の森でなんでもない日の記念撮影しませんか?
イベント用にステキな写真台紙を作成しました。
ぜひみなさまお誘い合わせのうえ、ご参加ください!
日時:2019年6月16日(日)
   9:00~16:00(最終受付15:40) ※小雨決行・荒天中止
場所:調布市深大寺(深沙の杜 ※小田急バス 深大寺停留所 目の前)
料金:2500円
  (撮影料+六切り台紙仕上げ[21×26cm]+データ.送料込み)*前払い制
<受付について>
フローティングマウンテンのテントにお越しください。
1組20分ごとの先着予約順となります。
お受付後、深沙堂横の小道にご案内、撮影。(当日の混雑状況などにより場所は変更する場合があります。)
<ご予約>
各時、00分、20分、40分の開始時間です。ご希望の開始時間をお知らせ下さい。

申し込みはこちら

出張写真館Floating Mountain

↑こちらのコンタクトフォーム備考欄に深大寺撮影会と明記の上ご送信してください。

お問い合わせ
TEL.050-5307-8195(近藤)
E-Mail.info@floating-mt.com

2019-06-03 | Posted in blogComments Closed 

 

盛岡へ

ゴールデンウィークは車で岩手県の盛岡まで10時間の旅。

2年ほど前に東京から盛岡へ移り住んだモノクロフィルム専門の出張写真館「POND HOUSE」を営む、
夫の写真学校時代の後輩夫婦に会いにふらっと行ってきました。
池のほとりにあるので「POND HOUSE」。
スタジオからはキラキラ光る池の水面が見えるほどの近さで、
東北道を下っている間から「なんだ!あのカッコ良い山は!!」と騒いでいた岩手山も
池から拝むことができ最高のロケーションでした。
.
「POND HOUSE」写真館はモノクロで、フィルムで、手焼きで。
一見時代に逆行しているようですが、二人の暮らしの隅々に丁寧さときめ細やかさが溢れていて
楽しく撮影、暗室作業してるんだな〜と納得できてしまう。
「手間暇かけて」という言葉がぴったりな一連の作業がしっくりくる二人。
東京にいた時よりも活き活きとした暮らしを垣間見た気がしました。
静かで美しい景色に囲まれて、しっかりと地域に根を張っている姿がとても眩しかったです。
その日は池の周りではしゃぐ我が家の子どもたちを夫とPOND HOUSE夫妻の三人のカメラマンが
ぞろぞろ追うという面白い光景でした。
.
2011年の大震災以来、
いくぜ東北!と思ってもなかなか行けなかった場所。
私は父方にも母方にも東北にルーツがあり幼い頃に訪れた時には、
あまり歴史のない北海道の住宅地育ちの自分には景色も町並みも美しく
衝撃を受けた記憶があります。
今回、東北は長い冬を終えて新緑の芽吹き出すシーズンでどこを見ても
息をのむ美しさでした。
東北道下りの白河を過ぎたあたりからのキラキラした景色、光る瓦と新緑と水田。
遠景はどこを見ても白い山の頭が顔を出して
これぞフローティングマウンテンだー!と騒ぎまくる車内でした。
.
秘湯の宿に2泊して雪に触れたり星を見たり、東北の素晴らしさがすっかり身にしみましたが、
帰りの常磐道で見た汚染土の積み上げられた風景。
浪江から常磐富岡間、一気に上昇するモニタリングポストの値。
車窓左側に海が見えるかなと思った一瞬、霞んで見えたクレーン車の群れ。
こんなに綺麗な森。林。
見えるものと見えないもの、という言葉を何度も心の中で繰り返していました。
震災直後がら被災地で毎年撮影を続けている、主人の友人カメラマンがいます。
物語を語るわけではなく、悲しい嬉しいをいうワケでもない。報道、ドキュメンタリーの視点。
見ること。撮ること。残していくこと。
肉体的にも精神的にも強さが必要で簡単なことではないだろうと思いますが
伝える人がいなくなったら、と思うと怖くなります。
今を残すこと。嬉しいとき綺麗なものだけではない。
写真家たちにできることってたくさんあって、そしてそれぞれかたちは違うけど
共通した思いがあるなと思った今回の旅でした。
2019-05-19 | Posted in blogComments Closed 

 

大切なものは残る。残す。

 キャロです。
秋葉原駅からすぐにある海老原商店という歴史ある看板建築にて
開催中の長井朋子さんの個展「100年と10月の桜」。
(私は今回こちらのリーフレットのデザインをさせていただきました〜。)
看板建築って通りに面した壁面の面白さがメインかと思っていましたが、海老原商店さんの室内の誂えは本当に美しい。欄間や柱やガラスや、ひとつひとつ見ていくとキリがなく胸が高鳴ってしまうほど。

そんな良いものを残していくというあたりまえで、でも大変なことを続けておられる海老原さんと毎度ファンタジックな画面で魅了する長井さんの作品。

素晴らしい室内のいたるところに住んでいるような、繰り出されるようなかたちで配置されている作品たち。
私は海老原さんのおばあちゃん(またはそのまたおばあちゃん)のような、この家を守ってきた女性が
産まれてから歳を重ねていく様子を見たような気がしました。
それは暖かなものに包まれて幸せに満ちた生まれたての赤ちゃん、赤ちゃんが立つことを覚えた瞬間。モダンガールのような少女であったり、母になり家族を見守る月か太陽のようなものだったり。時代とともに変わる少女の姿と変わらない建物。移り変わる外の景色と変わらない少女の眼差し。
歴史を感じる、和の雰囲気、とかそういうことでは済まされない、建物が長井さんに何かを吹き込んだかのようなまさに生きている展示でした。
もののけというか、妖精というかコロポックルなのか、建物にいる気配が観ている間に躰に入り込んでくるような不思議な感覚にとらわれます。
大切な瞬間は心の中に残り続けますが、死んでしまった瞬間に消える肉体と同じく建物も取り壊されたときに失う何かがあるのだと思います。海老原商店さんが90年の時を刻んだかたちが建築として残っていること、そしてそこでの営みを思い起こさせる建物の魂のようなものが作品として生み出されたということ。なんて、アメイジング!!
作品の点数、またタブローの大きさなど、単純に規模で考えても美術館やギャラリーで開催される個展と同じかそれ以上の迫力があります。しかしそれ以上にホワイトキューブでは味わえない圧倒的な空間がここでは繰り広げられています。アートに興味がない方は個展っていかないと思うのですが、これは建築が好き、古いものが好き、東京が好き、神田が好き、秋葉原が好き。カレーが好き。などアートの興味がない方にもぜひおすすめしたいです。堅苦しくなく、ゆったりした気持ちで観られると思います。
店先では美味しいコーヒー屋さんと絶品のスコーンが販売されています。最高ですね。
マウンテン写真館では11月3日(土)、4日(日)にこの展示スペース内で撮影会をさせていただきます。
今回の撮影会は、中判のフィルムカメラを使用します。
フィルムが一般的な35mmフィルムよりも大きいんです。(と言ってももう35mmフィルム自体を知らない方も多いようですが、、)正方形のフォーマットは特別なものを写しとると思っています。
海老原商店が残しているものと同じく、やはり簡単ではなくしっかりと光を焼き付けて時間をかけて写す。ということに意味があると考えています。
サンプル写真はデジタルカメラで撮影したものです。展示前日に設営が終わりその際にテスト撮影をさせていただいたのですが、フィルムの現像には時間がかかるものでまだフィルムが上がらないのです。。
実際のプリントには、フィルムにしか写せないこの空間の魂も写り込んでいることを願っています。
このインスタレーションスペース、本当に何かいる!と思ってしまうほど濃い空間です。
きっと素敵な写真になると思います。
撮影会の宣伝もたくさんしたいですが、それ以上にまずこの展示、ぜひ足を運んでいただきたいです!
撮影会の詳細はこちらでご確認ください。
2018年10月19日[金]-11月18日[日]の、金・土・日のみオープン
海老原商店 千代田区神田須田町2-13-5
時間:13:00-20:00
入場料:無料
写真はオープニングトークの様子です。素敵さがビンビンです。
2018-10-24 | Posted in blogComments Closed